連合出版のホームページへようこそ。ここでは、新刊紹介のほか分野別のページも用意しております。ぜひご覧ください。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-8
TEL 03-3292-8722  FAX 03-3292-8787

                                 *価格表示は本体価格(税抜価格)です

書名一覧  (アイウエオ順。品切情報なども)

ジャンル別一覧(本棚から取り出せます。カンボジア関係の書籍は「海外文化」をご覧ください。海外自転車旅行は「海外紀行」です。)

               

アンコール・ワット関連の本   自転車旅・歩き旅のコーナー     その他の分野     連合出版への行き方



ついに最終巻となりました!

●2017年3月10日発売

高島俊男 著
『本はおもしろければよいお言葉ですが…別巻7
 
(本体 2200円)

 <わたしは子供のころから、本を読むのが無性に好きであった。テレビが現われるより遙かに以前、他に子供の楽しみのなかった時代である。
 のちに母がよく言ったことであるが、字をおぼえる前から本が読めた。
 …
 よい時代ではなかった。学校にあがったのは昭和十八年だが、もう子供むけの本なんぞはなかった。字が書いてあるものなら何でも読んだ。
 …男の子なら兵隊になるにきまっていた。そういう時代だから、周囲に「本を読みましょう」とか「本を読むのはいいことです」などと言う人はいなかった。もちろん学校の先生も言わなかった。〉(本文より)



●2017年1月20日発売

趙平 著
『私の宝物  泣き虫少年のあの日の中国
 
(本体 1800円)

 文化大革命から半世紀。
 少年は、あの日の「熱狂」を見つめていました。それは言い知れぬ不条理の時代ではありましたが、同時に著者にとってかけがえのない青春の十年であったことも事実です。

 本書は、1958年貴州省貴陽市に生まれ、後に中国の大学で日本語の教鞭を執ることになった著者が、日本語で執筆した作品のアンソロジーです。

文革のさなか批判会でなぐられ血を流して倒れた祖父に、著者は泣きじゃくって駆け寄りました。そのとき祖父が自分にくれたものが『私の宝物』になったと著者は「まえがき」で記しています。



●2016年12月

電通過労死事件の主任弁護人をされた川人博さんが、とくに2016年11月から12月にかけて、いろいろな場で社会的な提言をされました(NHKあさイチ、NHK深よみ、フジテレビ、文藝春秋、朝日新聞など)。川人さんの多面的な活動と問題意識の一端を知ってもらいたいと、こんな広告を出しました。
「毎日新聞」一面11/27   「東京新聞」一面12/4  掲載

『還暦からの医療と法律


『東大は誰のために』


『豊かさの向こうに』


『北朝鮮の人権』 



●2016年6月25日発売

そがべ ひろ著
『上海駐在物語
 
(本体 1800円)

上海日本商工クラブ事務局長をつとめた著者が語る、上海の魅力、付き合い方、トラブル対処法。
・日本人にやさしい上海の人たち・駐在員をとりまく危険・商売上の私の大きな失敗・不幸にも現地でで亡くなったら、上海档案館とは?、などなど

「上海駐在物語」のほかに
「北朝鮮駐在物語」(三国間貿易に日本商社が介在するカラクリ、野口遵の事蹟、ほか)
「トンガ駐在物語」(南の島で日本の中古車がバンバン売れるフシギ、ほか)
も収録しています。

『海南島物語』も好評発売中!(上に政策あれば下に対策あり、の好見本)




●2016年6月25日発売

ガザンジェ著
『中国青海省チベット族村社会の変遷』
 
(B5判上製本 本体 2800円)

中国のチベット族628万人のうち138万人が青海省で暮らしています。(2010年)

自分の生れ育ったチベットの村は中国革命後どのような運命をたどったのか? 民主改革、人民公社・大躍進・文化大革命の政治運動、ケ小平による生産請負制の導入から出稼ぎまで。――古老への聞き取り、資料の発掘など現地取材をもとに再現する村社会の変遷。

鳥葬は現在チベット人が行っている葬式の七割以上を占めています。しかし誤解・偏見を防ぐため観光客・外国人には公開していません。
鳥葬儀礼の詳細報告も収録しています(数百羽のハゲワシが数十分で食べつくす、そのための工夫など)


●高島俊男さんのブログ「お言葉ですが… 最新版」 2016年5月の公開分は以下の通りです。
   書き下ろし
    「戦争中の新語」     
    「中国の言葉―漢語と非漢語」 


●高島俊男さんのブログ「お言葉ですが… 最新版」 2016年4月の公開分は以下の通りです。
   単行本未収録書評
    「天皇さんの涙」       「言葉の煎じ薬」      「新懐旧国語辞典」
    「北京苦住庵記」      「台湾海峡一九四九」   「二つの故宮博物院」
    「裁かれた命」        「江戸の読書会」      「江戸の天才数学者」
    「天下無敵のメディア人間」  「脱北、逃避行」    「見えざる隣人」
    「潜入ルポ 中国の女」     「中国・電脳大国の嘘」

●講談社現代新書で高島俊男さんの新刊 『漢字と日本語』 が発売されました!(4月20日発行)


●高島俊男さんのブログ「お言葉ですが… 最新版」 2016年3月の公開分は以下の通りです。
   単行本未収録書評
    「中国は崩壊しない」    「墓標なき草原」    「パンとペン」
    「中国文学」          「北京苦住庵記」    「日本文化を語る」
    「活死人王害風」       「怪談」



●2016年2月20日発売

加藤公夫著
『中央アジアの旅
 
(本体 1800円)

「私の旅行スタイルは、日本語の話せる現地ガイドの方に自分の希望を伝え、気の向くままに旅をすることである。」(はじめに)
長年、北海道で農業指導の仕事に携わってきた著者ならではの旅の記録。

『タクラマカンの農村を行く』
『西域のカザフ族を訪ねて』
も好評発売中!


●高島俊男さんのブログ「お言葉ですが… 最新版」が2015年12月からはじまりました。2016年2月までの主な内容は以下の通りです。
   書き下ろし
    「播州ことば」
    「本はおもしろければよい」
    「戦争中の映画」
    「兵隊帰り」
    「おかわいそうに」
    「連行という言葉」
    「国語という言葉」

●NHKスペシャル アジア巨大遺跡「密林に消えた謎の大都市」(2015年10月17日、19:30〜)に石澤良昭さんが登場、遺跡を紹介しました(新刊『カンボジア 密林の五大遺跡』、好評発売中です!)

●2015年9月末からのNHK朝の連続ドラマ「あさが来た」 タイトルバックに描かれているのは藤枝リュウジさんの絵です(小社『お言葉ですが…』シリーズの表紙デザインも担当しておられます)



●2015年7月30日発売

本田徹/金子明 編
『アジア旅行者のための感染症対策 改訂版
 
(本体 1700円)

●感染するとはどういうこと? 発症するとはどういうこと? その対策は?

●旅行者下痢症から、肝炎、マラリア、デング熱、エボラ出血熱、インフルエンザ、SARS、MERS、エイズ、結核、性行為感染症、破傷風、狂犬病、各種寄生虫病、ヘビ咬傷まで、その症状・原因・流行する地域・対策を、13人の専門医が解説します。

著者――石井明/江藤秀顕/小原博/沢田貴志/
友野順章/仁科晴弘/松井三明/美田敏宏/
吉山崇/金子幸弘/綾田稔/金子明/本田徹


詳しい目次は表紙をクリックしてください。



●2015年6月20日発売

岡西雅子 編
『父の遺した戦中戦後
 ―近衛文麿主治医・岡西順二郎の日記―
(本体 1800円)

●空襲下の実態、軍・新聞への不信、死の直前の近衛文麿

〈「モヒを少しくれませんか」
 「公爵は突然、妙なことを言われる。
 「御冗談をおっしゃっては困ります」
 「いいや、いざという時にモヒであっさり死ぬためです」〉(1945年1月17日の日記より)

結核が「死に至る病」として恐れられていたころ、日本でそれとのたたかいの最前線に立っていた医師。昭和9年、近衛文麿の訪米に同行して以来、その非業の死までそばにつかえていた医師。岡西順二郎が娘に遺した昭和20年前後の記録。


詳しい目次は表紙をクリックしてください。




●2015年6月20日発売

高島俊男 著
『漢字検定のアホらしさ
 ―お言葉ですが… 別巻3 改訂版―
(本体 2200円)

●{「あとからひとこと」がたくさん加わった増ページ改訂版!

〈和辻哲郎の危惧はあたって、「日本魂、忠孝道徳」の勢力はやがてぐんと結びつき、軍が国家の鼻づらをとってひきまわす事態となり、日本は破滅へ突っ走った〉(本書「若き和辻哲郎の期待と失望」より)


詳しい目次は表紙をクリックしてください。



●2015年3月10日発売

川人明/川人博 著
『還暦からの医療と法律
(本体 1600円)

●第一線で活躍する医師・弁護士の兄弟が最新の知見で親身になってこたえます(Q&A)

「これから人生の終盤にさしかかるときに、どういう知識と考え方が必要か、ふたりで話し合ってさまざまな質問を設定し、私たちなりの回答を提示してみました。(まえがきより 川人 明)

「私は、いつの日か、それぞれの専門性をいかしてふたりで一冊の本を出版したいと願っていましたが、このたびその夢が実現して嬉しく思っています。」(あとがきより 川人 博)
詳しい目次は表紙をクリックしてください。

●篠田節子さん評〈そう、たくさんの「読者」ではなくき、「私」が困ったとき、見識とともに良識を備えた専門家が、誠実に具体的に方向性を示してくれ。我が家に一冊のお助け本です。〉(『女性自身』4月21号より)


●2015年3月10日発売

高島俊男著
『お言葉ですが… 別巻2 』
(本体 2200円)

●「あとからひとこと」がたくさん加わった増ページ改訂版

<「かの時に我がとらざりし分去れの…」――この皇后という人はずいぶん勇敢な、大胆な、また自由な精神をもった人なのであるようだ。(「選ばなかった道」より)>


詳しい目次は表紙をクリックしてください。




●2015年 1月20日発売
同時発売―水産物流通の実態調査から―

中居裕著
『産地と経済』
水産加工業の研究

中居裕・中川雄二著
『市場と安全』
水産物流通、卸売市場の再編及び食の安全




●10月8日「読売新聞」文化欄に、新刊『カンボジア 密林の五大遺跡』の著者石澤良昭さんのインタビュー記事が出ました。
  「巨大なアンコールワット遺跡を築く繁栄の基礎となった政治・社会構造を、周辺の遺跡への考察を通じて解き明かそうという試み」

● 2014年10月5日発売

石澤良昭・三輪悟著
『カンボジア 密林の五大遺跡』
(本体 2500円)

▼ソンボール・プレイクック
▼コー・ケー
▼大プリア・カーン
▼ベーン・メリア
▼バンテアイ・チュマー

アンコール・ワット研究の第一人者石澤教授がカンボジアの密林に眠る五大遺跡を紹介します。

「アンコール王朝の研究は、これまでほとんどアンコール地域だけの話をしていた。だから、あれほど大きな寺院がなぜ造られたか、あれほど見事な装飾がなぜできたのか、謎ばかりだった」(読売新聞インタビュー記事より、石澤教授)

● 2014年10月5日発売

ボワスリエ著/石澤良昭・中島節子訳
『クメールの彫像 新版』
(本体 2200円)

東南アジア゛美術史・図像学の泰斗ボワスリエ教授が、クメールの代表的彫像24点を精選し、口絵写真で紹介し、本文で詳細な解説を加えた伝説的名著、新版出来。

第一部 クメール芸術の変遷
         歴史 宗教 彫像
第二部 解説・クメールの彫像


●8月3日「産経新聞」読書欄で、『司馬さんの見た中国』が紹介されました。
 「和漢に通じる博識をもとに、さまざまな本や物事について、良しあしをはっきり示していく切れ昧は健在。」



高島俊男著
『司馬さんの見た中国お言葉ですが…別巻6
(本体 2200円)

<司馬遼太郎さんの談話を読んで、中国の本質的なところをなかなかよく知っていたんだな、と感心しました。…なおこの談話で言っている ことがみな正しいと言っているわけではありません。(本書〈司馬さんの「そういうバカな体制」〉より)>


詳しい目次は表紙をクリックしてください。




●「中国研究月報」(2014年4月号)書評欄に、新刊 『チベット高原の片隅で』 の書評がでました。(大川謙作氏)

<本書は現代チベット事情の入門書であると同時に地に足の着いた生活者の立場からする信頼のおける現代チベットの証言でもあり、チベットに関心を持つ読者すべてに勧められる良書であると言える。>

●「チベット文化研究会報」(2014年4月号)新刊紹介欄に、新刊 『根本説一切有部律薬事』 の紹介がでました。(田中公明氏)

<『薬事』の邦訳としては、『国訳一切経』に漢文読み下し文が収録されているとはいえ、唯一の完本であるチベット訳が、詳細な注とともに初めて全訳されたことには、大きな意義があるといえよう。>


●「チベット文化研究会報」(2014年1月号)図書紹介欄に、新刊 『聖地チベットの旅』 の書評がでました。(高山龍三氏)

<著者の豊富な探検記の情報、優れた探検史家としての背景が、この旅の記録を豊かにしている>


●日本山岳会「山」(2013年12月24日号)図書紹介欄に、新刊 『聖地チベットの旅』 の書評がでました。(平林克敏氏)

<この旅に同道した人たちはさぞ楽しかったであろう>





土橋泰子著
『ミャンマー こんなとき何て言う?』 
(CD附 本体 2200円)

長年、外務省研修所でミャンマー語講師をしてきた土橋さんが手ほどきします。

わかりやすいカタカナ表記で学習することができます。

ティン・アォン先生の録音したCDを聴きながら発音を覚えましょう。

かわいらしいミャンマー文字についても丁寧な解説がついています。

巻末附録 ミャンマー語単語集など

●こんな本も――「こんなとき何て言う?」





金子民雄著
『聖地チベットの旅』 
―カイラス、マナサロワール紀行―(本体 2500円)

西域、チベット研究の第一人者が、河口慧海チベットゆかりの地を訪ねます。慧海が必至の思いで越えたツアンポー渡河地点、聖地カイラスとマナサロワール湖、ラサで滞在したセラ寺の宿坊の現状、など。

ラサからテント泊で聖地カイラスを経てネパールのカトマンドゥに抜ける道を詳しく案内します。





金子民雄著
『東ヒマラヤ探検史 新版』 
―ナムチャバルワの麓「幻の滝」をめざして―(本体 2200円)

『空白の五マイル』探検のきっかけとなった第一部「東ヒマラヤ探検史

エベレストは本当に世界の最高峰か?(K2は第二位か?)を問う第二部「ヒマラヤを測る

刺激に満ちた問題の書、増補新版です。



小寺洋一著
『白い杖のひとり旅 新版』 
―ニュージーランド手探り紀行―(本体 1800円)

全盲の青年が三か月間、海外ひとり旅をした稀有の体験記

どうやって旅をして、何を書いたのか?
本が出たある日、総理大臣から寄せられたメッセージも「新版あとがき」で紹介されています。

●こんな本も――「オレも一丁!という気になる本」

    



八尾 史 訳注
『根本説一切有部律薬事』 (本体 5700円 B5判上製656ページ)

最新の研究成果とともにひもとく仏教聖典成立史の第一級資料。
サンスクリット語写本、漢訳の情報を盛りこみつつ、完全本であるチベット語訳から翻訳。古代インド仏教僧院で伝承されつづけた物語世界を、豊富な注記により浮き彫りにします。この「薬事」の章は失われた経典と古代インド仏教説話の宝庫です。世界初の完訳





阿部治平著
『チベット高原の片隅で』 (本体 2200円)

2010年9月、青海省政府は、学校で教師が使う言葉は全面的に漢語にする、との通達を出しました。
すでに中国で、「モンゴル語を話せないモンゴル人」が生れたように、漢語の国際化という大国意識の下で「チベット語を話せないチベット人」が作られようとしています。
著者は、中国に住んで13年。青海省の大学でチベット学生らに日本語を教えてきました。漢人の大移住、生態移民、地震と洪水、砂漠化など、学生たちとの交流を通して、移り変わるチベット人の生活環境をつぶさに報告します。



桑野淳一著
『アジアを結ぶタイ国境部』 (本体 2200円)

いま東南アジア辺境部の布地や家具に熱い視線が向けられています。また、アジアハイウェイの完成を見越して各地に物流の拠点が築かれつつあります。かつて麻薬の産地として有名だった「黄金の三角地帯」にはコーヒー園ができ、優雅な国際都市に姿を変えています。
国境は、文化が触れ合い人々が行き交う場です。タイ・タマサート大学東南アジア研究所客員教授の著者が国境地帯のいまをリポートします。


波田野直樹著
『沖縄幻視行』 (本体 2200円)

昔の那覇の町並み、聖なる井戸・樋川、散在する聖地・御嶽、琉球石灰岩の石垣・橋・石畳、米軍の管制空域、防空識別圏、沖縄戦の戦跡とサトウキビ畑、魂の故郷久高島、リトル沖縄・鶴見…、隠されたもの、今は見えないものに目を凝らし、現在の沖縄が何を予告しているのかをさぐる本です。





伊藤宏美著
『ベトナム こんなとき何て言う?』(録音CD附 本体 2200円)

体当たり体験。
場面でおぼえよう!
読んで楽しい、聞いて楽しい画期的なベトナム語入門書。

【豪華巻末附録】
ベトナムの笑い話から「一番硬いものはなに?」
おぼえておきたい400の表現
本書関連単語集
CD


高島俊男著
『漢字の慣用音って何だろう?』(本体 2200円)

またいろんなことに気付かされます。ぜひご一読を!




本田徹著
『文明の十字路から 新版』(本体 1500円)

プライマリ・ヘルス・ケアの大切さを痛切に感じた現地医療体験。
青年海外協力隊の一員として、チュニジアの地に赴いた著者が、人々の生活の内側からその生と死を語るとともに、発展途上国から医療のあり方を問う。

若月俊一先生推薦
「医学生・研修医のために私が選ぶこの10冊」の名著、新版出来



あらたに、SHARE=国際保健協力市民の会の体験をふまえた「三十二年後に書き加える序章」がついています。




坂井禧夫(さかいよしお)著
『インドネシア駐在3000日 新版』(本体 1800円)

駐在員としてインドネシアの人々と交流した体験をもとに、その明るさ、寛容さ、シンの強さを生き生きと伝える。
200のインドネシア語ことわざ付き

あらたに、「なぜいまインドネシアか?」の一稿をもうけ(新版)、いまこの国が注目される理由を述べています。



林禮二著
『ビルマ戦中日記  死と生』(本体 2200円)

哲学の道を目指していた著者が送られたのは、最悪の戦場ビルマ戦線でした。出征から数々の戦闘、敗戦、収容所生活を経て復員するまで、肌身離さずノートに書き続けた五冊の日記を、九十二歳になったいま公開します。記載は一九四二年十二月から一九四七年十月まで。
★本書冒頭に、それぞれの戦地に向かう前の晩、ラッフルズホテルの食堂で、一人の兵士がショパンの「別れの曲」を弾いた話が出てきます。あの曲を聞くとき、あの曲を弾くとき、思い出してほしい光景です。





平戸平人著
『カンボジア自転車旅行』(本体 1800円)

自分らしい旅がしたい!

カンボジアの大地を自転車で走ってみたい――。定年を前に早期退職し、準備万端整えて現地へ。宿泊は、道路事情は、言葉は? 自分の度胸と足だけが頼り。街を駆けぬけ、遺跡にたたずむ、たったひとりの自由な旅。

口絵カラー32ページ。
巻末 「カンボジア自転車旅行の心得」付





●高島俊男さんの『ことばと文字と文章と―お言葉ですが別巻4』好評発売中です。


作家の丸谷才一さんが岩波『図書』(2011.11)に!
「中学一年生のころ、呉音と漢音のことが気になつて仕方がなかつた。…なぜ『古今集』をココンシユウと読まないのか。…ところが七十数年後、疑問があつさり解けた。高島俊男さんの『ことばと文字と文章と』の巻頭に同じ題の一文があつて、日本語および漢字についてのいろいろなことを教へてくれる。…言葉といふものはおもしろいとわたしは感に耐え、驚き入つた。」

作家の清水義範さんが産経新聞読書欄(2011.11.20)に!
「ありがたい本である。…もとが子どもにわからせようというものだったせいで、知的ですこぶる興味深い話がすいすい頭に入ってくるのだ。目からウロコが落ちまくりの知的体験ができる。」

詩人の渡邊十絲子さんが『週刊新潮』(2011.11.17)に!
「どれもきわめて読みやすく頭に入りやすく、つまりは親切に書かれた文章。たとえるならば厨房で料理人が細心の下ごしらえをし自慢の腕をふるった手の込んだ料理が、なんでもないふうを装って器に盛られ供されたという感じだ。読書のよろこびとして最上のものをお約束します。」

第四刷出来



●2011年3月11日、東日本大震災の地震・津波によって故郷は壊滅し、1メートル近い地盤沈下で土地そのものが海に沈んでしまいました。堀込さんは高校物理の教師をしておられた波の専門家で、当社刊『波をつかまえる』の著者です。宮城県石巻市北上川河口の大川小学校近くに住んでおられました。元小学校教師の奥さんがその日とその後の体験をまとめ、当人が津波の振舞いを現地調査してまとめたのが本書です。改訂版には2013年10月現在の様子と暮らしぶりの変化が加わっています。

●改訂版出来 


河北新報一面コラム「河北春秋」で紹介(2011.12.13)
「あれから9カ月余。今も心の傷がうずく壮絶な体験を多くの人がした震災だ。語れる人から記憶を語って残したい。智之さんは〈生き残った者の責任だと思う〉と執筆理由を話していた。」

河北新報が本と著者夫妻を紹介(2011.11.27)
「光子さんは〈往民が助け合い、過酷な状況を生き抜いた事実を多くの人に知ってほしい、地元の皆さんの元気のもとにもなればいい〉と話す。

北海道新聞に堀込智之氏登場(2011.11.15)
「堀込さんは北大水産学部(函館)時代に波の研究を始め、卒業後、宮城県の高校の物理教師になった。退職後は小型水槽で津波を起こす装置を作り、東北地方を中心に各地を歩いて小学生対象の実験教室を開いてきた。…〈津波から命を守る唯一の方法は一刻も早く、高く安全な所へ逃げること〉と教訓を語る。」

朝日新聞ネット版 asahi.com で著者夫妻を紹介(2011.12.8)
http://www.asahi.com/edu/news/chiiki/TKY201112080509.html



CD・DVDプレゼント情報(それぞれ本のカバーについている引換券をお送りください)
『アンコール遺跡を楽しむ』CD 在庫あり
『週末家づくりを楽しむ』DVD 在庫あり
『知床から』CD 在庫あり


『カンボジア語実用会話集』(ラオ・キム・リァン)
『クメール語入門』(ペン・セタリン)
 の録音CDを発売しております。ご利用下さい。
・どちらもCD二枚組。トラック分けしてあります。(本体3000円)。
・テキストの例文すべてと発音が録音されています。
・ご購入は最寄りの書店または直接当社へ。当社からの発送の場合、クロネコ宅急便の代引きとなります(送料200円)。

『ネパールこんなとき何て言う?』(山岸美江、クリシュナ・P・パウデル)の録音CD 
(本体1500円)も好評発売中!(CD1枚)

ご注文・お問い合わせはこちらへ